So-net無料ブログ作成

コブフウセンウオ稚魚、飼育施設で初の孵化 鳥取(産経新聞)

【ふるさと便り】

 生息の実態がほとんど知られていないダンゴウオ科のコブフウセンウオの稚魚が、国内で初めて飼育施設で孵化(ふか)し、鳥取市賀露町西の「鳥取県立とっとり賀露かにっこ館」で展示されている。

 コブフウセンウオは、腹部に吸盤を持ち、日本海北部の水深200〜300メートルの岩などに生息するとされるが、詳しい分布や生息環境、繁殖行動はよく分かっていない。

 同館で展示されているのは、稚魚96匹と体長8センチのオスの成魚。昨年12月に兵庫県新温泉町沖で、底引き網漁船の網にかかった巻き貝の殻の中に、直径約1センチの卵500個以上とそれを守るオスが入っていた。

 体長1・3センチほどに成長した稚魚は、成魚と同じ水槽で飼育され、泳ぐだけではなく、吸盤でガラスに張り付いたりもしている。

 同県では「山陰海岸学習館」(岩美町)にも成魚の標本があり、現在、北海道大と共同研究が進められている。

【関連記事】
完全養殖のウナギ仔魚公開 三重の養殖研究所
ウナギの完全養殖 初の成功 水産総合研究センター
サバがクロマグロを産めば…数年後に成功か
クロマグロ否決 日本、完全養殖など対策急ぐ
厳かに開催「ワカサギ・サミット」 深くて重〜いテーマで激論
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

審査の「統合」は可能か―審査支払機関検討会(医療介護CBニュース)
<事業仕分け>傍聴者「大幅削減に期待」(毎日新聞)
ワクチン研究開発の問題点でヒアリング―予防接種部会(医療介護CBニュース)
舛添氏に毅然と対応を=自民総務会長(時事通信)
拳銃使用適正?男性死亡事件、警官2人を審判に(読売新聞)

<将棋>羽生強気、終盤へ 名人戦第2局(毎日新聞)

 羽生善治名人(39)に三浦弘行八段(36)が挑む第68期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は21日、岩手県遠野市のあえりあ遠野で2日目の戦いが始まった。

 羽生が先勝したあとの本局は、横歩取り8五飛から激しい流れになった。1日目に使った時間は、羽生が三浦より2時間46分多い(第1局の差は2時間16分)。三浦はある程度まで研究をもとに指し進め、終盤に時間を残そうという方針か。羽生は三浦の得意戦法を受けて立ち、臨機応変に対応しようと考えているようだ。

 晴天に恵まれた朝、三浦、羽生の順に対局室へ入った。立会の島朗九段が封じ手を開け「5三桂成です」と読み上げた。

 羽生が1時間考えて決断した封じ手は、自陣に手を入れずに攻め合い勝ちを目指した強気な一手だった。局面はもはや、はっきり終盤といえる。ここで三浦が長考に入った。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
学生将棋選手権:早稲田大Aが優勝…団体戦
将棋:三浦の策に羽生長考 名人戦第2局
将棋:名人戦第2局始まる 横歩取りの中でも激しい攻防
将棋:羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局

<愛知5人殺傷>容疑の長男、以前からトラブル(毎日新聞)
地下鉄30本運休、7人転倒・搬送…春の雪(読売新聞)
「舌痛症」どんな病気? 脳内で誤作動? 慢性的痛み(産経新聞)
「酒飲み聖火ランナーのまね」=JA侵入、ほうき燃やす−男子高生ら逮捕・警視庁(時事通信)
奈良公園のシカに矢 撃った容疑2人逮捕(産経新聞)

両陛下が宝塚の公演ご覧に 陛下は52年ぶり(産経新聞)

 天皇、皇后両陛下は13日、東京都千代田区の東京宝塚劇場で、宝塚歌劇雪組公演「ソルフェリーノの夜明け」をご覧になった。

 宮内庁によると、陛下が宝塚歌劇団の公演を鑑賞されるのは、皇太子時代の昭和33年、兵庫県の宝塚大劇場を訪問して以来、52年ぶり。両陛下が一緒に鑑賞されるのは初めてとなる。

 今回の公演は「赤十字思想誕生150周年」を記念し、赤十字を創設したスイス人実業家・アンリー・デュナンの生涯をミュージカル化したもので、両陛下は出演者の熱演に盛んに拍手を送られていた。皇后さまは日本赤十字社の名誉総裁を務められている。

【関連記事】
天皇陛下、種もみをお手まき
静養中の両陛下、須崎御用邸入り
両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策
両陛下、ヨルダン国王と昼食会
平等院や長岡京跡地を訪問 京都滞在の両陛下

<アルツハイマー>脳の老人斑なくても発症(毎日新聞)
<訃報>星野安三郎さん88歳=立正大名誉教授(毎日新聞)
財政試算示すも「持続性」に不安の声−高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)
「裕福な生活したかった」グッチ偽物ネット販売、容疑の女逮捕 神奈川(産経新聞)
<石破茂政調会長>「日本」との選挙協力に積極姿勢(毎日新聞)

理容店にトラック突っ込む=運転手死亡、女性2人軽傷−熊本(時事通信)

 6日午後2時35分ごろ、熊本県人吉市東大塚町の国道267号で、大型トラックがカーブで横転し、理容店に突っ込んだ。県警人吉署によると、トラックを運転していた友田豊光さん(59)=同県宇城市小川町北新田=が死亡、女性2人が軽傷を負った。同署が事故の原因を調べている。
 同署によると、負傷したのは理容業村山優子さん(64)と母テルさん(87)。店内には女性客(59)がいたが、けがはなかった。テルさんは当時、店の外にいたという。現場は左に直角に曲がるカーブで、トラックは木材を積んでいた。 

【関連ニュース】
トラック正面衝突、2人死亡=国道で4台事故
引きずり20キロ、元運転手に一部無罪=走行車線で停車、追突受け発進
パトカー追跡中、3台衝突事故=巡査部長ら2人死亡
プロ競輪選手、はねられ死亡=国道を練習走行中
ふそう元会長らの有罪確定へ=三菱自虚偽報告、罰金20万円

工藤会会長宅を捜索=ビル発砲、関与の疑い−福岡県警(時事通信)
【高速道路新料金割引】現金とETCの割引区別なし(レスポンス)
長谷川等伯展 京都でも10日開幕(毎日新聞)
走行中の後席、7歳男児が窓に首挟まれ意識不明(読売新聞)
0歳長男の頭を蛇口にぶつける 虐待容疑で父親逮捕 (産経新聞)

米、迷走に露骨な「NO」 首脳会談・小沢氏訪米見送り(産経新聞)

 日米両政府は7日、米ワシントンで12、13両日に開催される核安全保障サミットに合わせて調整していた鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領による公式の首脳会談について見送る方針を確認した。

 関係筋によると、首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題を協議する意向を示していたが、米側が日程調整が厳しいことを理由に断ったという。

 ホワイトハウスのギブズ報道官も6日、オバマ大統領の核サミット期間中の会談相手として、中国の胡錦濤国家主席、ドイツのメルケル首相ら計9カ国の首脳名を公表したが、鳩山首相には言及しなかった。

 民主党の小沢一郎幹事長の大型連休中の訪米も中止になった。小沢氏は2月にキャンベル国務次官補に訪米を要請され、「せっかく行くならオバマ氏にも十分な時間をとってもらわないと困る」と応じたが、その後米側から積極的な要請はなく調整が滞っていた。

 米軍普天間飛行場移設問題で迷走を続ける日本政府に対し、米政府は「首脳会談拒否」という露骨な形で不信感を示した。鳩山由紀夫首相は昨年11月13日、オバマ米大統領に「プリーズ・トラスト・ミー(私を信頼してほしい)」と大見得を切った。「会いたいならば誠意を示せ」。米大統領のそんな冷酷なメッセージといえるのではないか。

 「米国の判断ですから私が申し上げることではありません。会議(核安全保障サミット)の中でさまざまな意思を伝えることができると考えています」

 首相は7日夕、記者団に日米首脳会談の見送りを問われるとそっけなくこう答えた。

 平野博文官房長官も「あえて必ず日程を入れてほしいという話ではなかった。どういう場面かは別として大統領と会う機会はある」と強がった。どうやら夕食会でオバマ氏と席が隣り合わせになるチャンスを狙い、“会談”しようという算段らしい。

 首相の「トラスト・ミー」発言と直後の撤回は、米政府の強い不信を買った。首相は「首脳間の信頼関係で決着できる」と楽観視していたが、昨年12月のコペンハーゲンの国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)に続き、2度も会談を拒否したことは「普天間が決着しない限り会わない」という強い意思表示だと言える。

 民主党の小沢一郎幹事長の訪米も中止になった。小沢氏周辺は「そもそもこちらから訪米を希望したわけではない」とうそぶくが、米国のキャンベル国務次官補が訪米要請しながらまともな日程調整に応じなかった。小沢氏が問題解決に動こうとしなかったからだ。

 「日本は、ボールがまだ自分にあることを分かっているのか」

 ある米政府関係者は最近、防衛省幹部にいら立ちをぶつけた。岡田克也外相は3月末、ルース駐日米大使らに対し、移設先としてキャンプ・シュワブ陸上部(沖縄県名護市)、徳之島(鹿児島県)、米軍ホワイトビーチ(沖縄県うるま市)沖を検討していることを口頭で伝えたが、米側は正式提案と受け止めなかった。曖昧な段階に口を挟めば、米側が批判の矢面に立たされかねないからだ。鳩山政権とは「水面下の協議に応じない」というのが米側の基本姿勢なのだ。

 ところが、政府案の策定作業は6日に関係省庁の実務者の作業部会が始まったばかり。社民党は最も実現可能性が高いシュワブ陸上案さえも拒否し、連立離脱を匂わせる。「政治的に持続可能」という米側が求める条件は5月末までにとても満たせそうもない。

 「普天間問題を解決できずに鳩山君が責任を取ったら、おそらく菅直人君(副総理・財務相)が(首相に)なるでしょう」

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は7日、日本外国特派員協会での講演で普天間問題での首相退陣に言及した。首相は「恒三流の激励だ」と苦笑いしたが、自らの無定見が招いた混乱は、もはや一刻の猶予も許されない事態に陥っている。(加納宏幸)

【関連記事】
小沢氏の訪米 オバマ政権の手離れ民主党議員仕切る
「インチキだ」 米紙が民主・藤田氏を酷評
首相、普天間移設案の期限は「なおさら正しい判断」
【鳩山政権考】言葉を粗末にする政治家たち
鳩山政権半年 「小沢独裁」に決別の時 腐敗是正と国益重視で結集を

山崎さん搭乗シャトル公開=5日夜打ち上げ−ケネディ宇宙センター(時事通信)
<事故>側壁に激突、4人車外へ 全員助かる 熊本・高速道(毎日新聞)
82歳男性が妻と心中か 世田谷区(産経新聞)
TBSに確認怠った責任=BPO倫理検証委(時事通信)
郵政法案、20日までに国会提出=亀井担当相(時事通信)

国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)

 大阪府でも、新規採用職員任命式が開かれた。今年度から式典の開会にあわせて国歌斉唱を導入したが、橋下徹知事は「声が小さい」と一喝。「皆さんは国家のもとで仕事をするのだから、思想信条の自由とかいっている場合ではない。国歌はきちんと歌うのが義務」と早速、橋下流の洗礼を浴びせた。男性職員は「学校などで国歌を学ばなかったので、歌えなかった。日本人なので歌えるようにしたい」。別の女性職員は「歌えるけど、恥ずかしくて声が小さかった」と話した。

 大阪市でも新規採用者の発令式が行われ、平松邦夫市長が新職員約120人にあいさつ。「職員の不祥事が続発しており、周囲から心配された人もいるかもしれないが、市民のために動ける大阪市を皆さんの力を借りながらつくっていきたい」と呼びかけた。さらに「府市再編とか言っている人がいるが、地域主権の主体である基礎自治体をリードしていくのは大阪市だ」と橋下知事を牽制(けんせい)した。

足利事件 検証結果、最高検も公表 「本部係検事」を全国配置(産経新聞)
東大が助教を処分 「記載ミス」と弁明(産経新聞)
<霧信号所>根室、小樽の霧笛消える(毎日新聞)
長官銃撃は「オウムによるテロ」 警視庁が異例の会見(産経新聞)
空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。