So-net無料ブログ作成
検索選択

コブフウセンウオ稚魚、飼育施設で初の孵化 鳥取(産経新聞)

【ふるさと便り】

 生息の実態がほとんど知られていないダンゴウオ科のコブフウセンウオの稚魚が、国内で初めて飼育施設で孵化(ふか)し、鳥取市賀露町西の「鳥取県立とっとり賀露かにっこ館」で展示されている。

 コブフウセンウオは、腹部に吸盤を持ち、日本海北部の水深200〜300メートルの岩などに生息するとされるが、詳しい分布や生息環境、繁殖行動はよく分かっていない。

 同館で展示されているのは、稚魚96匹と体長8センチのオスの成魚。昨年12月に兵庫県新温泉町沖で、底引き網漁船の網にかかった巻き貝の殻の中に、直径約1センチの卵500個以上とそれを守るオスが入っていた。

 体長1・3センチほどに成長した稚魚は、成魚と同じ水槽で飼育され、泳ぐだけではなく、吸盤でガラスに張り付いたりもしている。

 同県では「山陰海岸学習館」(岩美町)にも成魚の標本があり、現在、北海道大と共同研究が進められている。

【関連記事】
完全養殖のウナギ仔魚公開 三重の養殖研究所
ウナギの完全養殖 初の成功 水産総合研究センター
サバがクロマグロを産めば…数年後に成功か
クロマグロ否決 日本、完全養殖など対策急ぐ
厳かに開催「ワカサギ・サミット」 深くて重〜いテーマで激論
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

審査の「統合」は可能か―審査支払機関検討会(医療介護CBニュース)
<事業仕分け>傍聴者「大幅削減に期待」(毎日新聞)
ワクチン研究開発の問題点でヒアリング―予防接種部会(医療介護CBニュース)
舛添氏に毅然と対応を=自民総務会長(時事通信)
拳銃使用適正?男性死亡事件、警官2人を審判に(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。